介助犬

香港ディズニーランド・リゾートでは、ほとんどのエリアで、訓練された介助犬の同伴が許可されています。

ガイドライン概要

介助犬とは、盲導犬、または障害をお持ちの方のために仕事をしたり、タスクをこなしたり、障害をお持ちの方を支援したりする訓練を受けた犬を意味します。

介助犬は、常にリードまたはハーネスを着けた状態で飼い主の管理下に置いてください。一部のアトラクションはその性質上、介助犬が乗ることが許可されていない場合があります。 これらのロケーションでは、パーティーメンバーとのライダースイッチまたは携帯用ケンネルなど、利用可能なオプションについてキャストメンバーにお尋ねください。

また、キャストメンバーは介助犬の取り扱いを許可されていませんのでご注意ください。

入場が許可されているアトラクション

介助犬と一緒に利用できるアトラクションには次のようなアトラクションがありますが詳細はキャストまでお問い合わせください。

制限のあるアトラクション

アトラクションの種類によっては、介助犬が入れない場合もあります。次のアトラクションは介助犬は入れません。

安全エリア

介助犬は休憩エリアとしてバックステージの所定の場所をお使いいただくことが可能です。必ず介助犬のオーナーが迎えに来て、また使用したエリアを清潔にしてくださるようご協力ください。オーナーもこの休憩エリアをお使いいただけます。パーク内の衛生上に預けまた、バックステージにあるくこともできます詳細についてはキャストまでお問い合わせください。

リゾートホテル

香港ディズニーランド・ホテルディズニー・ハリウッド・ホテルディズニー・エクスプローラーズ・ロッジでは、すべての公共エリアで介助犬をお連れいただけます。ただし、以下の場所は除きます:

  • スィミングプール
  • 温水プール
  • スチームルーム
  • サウナルーム

介助犬の同伴可能エリアについては、ホテルのフロントデスクでご確認ください。

介助犬はこちら

Footer Links